診療について 病院について 職員について スポーツ外傷
 
 

野球肘(内側型)のテーピング

オーバースローの投手、バレーボールのアタッカー、テニスで振りかぶった時に発症し痛みに対して、スムーズな動きを導くようにさせる。
肘外返しを防ぐテーピング

YouTubeをご覧になりたい方はこちらをどうぞ

野球の投手バレーボールテニス

野球肘には三つのタイプがあり、
@外則型(本格的にピッチャーをしている人に多く離男性骨軟骨炎とも言う)
A伸展型(衝突外傷とも言う)
B内側型
の三つがあり、良く見られるのが内側型です。
上腕に対して前腕は外開き(肘外反)の為に腕を振り上げて投げる時に内側の靭帯が引っ張られます。その時腱の付着部に成長線があり、より脆弱な成長線が引っ張られて発症します。肘の外販強制を抑えて痛みを発症させないのがこのテーピングの狙いです。

テーピングを巻くタイミングは、投げ終わった時に痛み感じたらストレッチ・アイシングで様子を見ましょう。
投げ始めてから終わるまで痛みが持続するようならこのテーピングをして痛みが治まるか様子をみましょう。
もし安静時でも痛みがあるようなら医師の判断が必要です。早め専門医の受診をお薦めします。



必要なテープの購入はこちら
ニトリート 伸縮50
バトルウイン アンダーラップ

マイクロポア 不織布ホワイト25mm*9.1m
 
   テーピング動画の一覧に戻る
   
ブログ  サイトマップ プライバシーポリシー
ホームへ テーピング動画 リンク メールフォーム
〒245-0013 横浜市泉区中田東3-2-8 TEL 045-804-1155
横浜市営地下鉄ブルーライン「中田駅」前1分